マッチングアプリで3回目の断り方は?デートに行きたくないときにおすすめの例文は?

プロモーションが一部含まれています
マッチングアプリで3回目のデート断り方
  • URLをコピーしました!

マッチングアプリの3回目のデートは、「一つの節目」と考える人も多いです。

2回目に会ったときの印象がよくなかった場合は、3回目に会いたくないと思うこともありますよね。

しかし、マッチングアプリで3回目のデートに誘われたときに、どうやって伝えたらいいのか断り方を迷う人も多いと思います。

そこで、マッチングアプリで3回目のデートに行きたくないときにおすすめの例文付きで紹介していきます。

【PR】
国内最大級のマッチングサイト/
サクラゼロ宣言!のサイトで安心!

約1分で登録完了!登録無料!18禁
今すぐハッピーメールで出会いを探す

目次

<スポンサードリンク>



マッチングアプリで3回目の断り方は?

マッチングアプリ3回目の断り方1

まず、マッチングアプリで3回目のデートを断りたいときにおすすめの断り方をまとめていきます。

3回目の断り方①体調不良

断り方の1つ目は、定番ともいえる「体調不良」です。

体調不良を言い訳にすれば、相手を傷つけずに断ることができますよね。

ただ、「少し体調が悪いので」という理由だけでは、男性から「断る口実なのでは?」と疑われる可能性があります。

もし、体調不良でデートを断る場合は、詳細も伝えておく方がベターです。

また、申し訳ないという気持ちをしっかりと伝えれば、相手に不信感を持たれにくくなりますよ。

3回目の断り方②都合が悪くなった

マッチングアプリ3回目の断り方2

断り方の2つ目は、「都合が悪くなった」という理由です。

この理由もお断りするときの定番です。

相手に伝える時は、仕事や冠婚葬祭など、予定を変更できそうにないと感じる理由でお断りするようにしてくださいね。

もし、友達や他の男性、家族との予定が入ってしまったという理由では、男性が自分をないがしろにされている気分になってしまうので注意が必要です。

3回目の断り方③合わない

断り方の3つ目は、きっぱり「合わない」ことを伝える方法が良いです。

伝えるときには、「容姿が好きではない」と伝えると相手を傷つけてしまうので、「価値観が合わない」と伝えるのがベターです。

価値観は、付き合っていくときに重要なポイントになるので、男性も諦めてくれる可能性が高いですよ。

<スポンサードリンク>



3回目の断り方④彼氏ができた

マッチングアプリ3回目の断り方4

断り方の4つ目は、「彼氏ができた」という理由です。

マッチングアプリでは、複数人と同時進行で連絡を取ったりデートしたりするのが当たり前です。

他の男性とお付き合いをすることになったからといって、相手から責められることもありません。

3回目の断り方⑤マッチングアプリを辞める

断り方の5つ目は、「マッチングアプリを辞める」と伝えるのも一つの方法です。

この断り方は、はっきりと相手に伝えるのが苦手な方におすすめの理由です。

ただ、「しばらくマッチングアプリを休む」「少しログアウトする」という曖昧な言い方では、男性に期待を持たせる可能性があります。

そうならないように、「マッチングアプリを完全に辞める」ことを強調し、相手に期待を持たせないように意識してくださいね。

<スポンサードリンク>



マッチングアプリで3回目の断り方のポイントや例文は?

マッチングアプリ3回目の断り方5

次に、マッチングアプリの3回目を断るときに覚えておきたいポイントについてまとめていきます。

また、断り方の例文もご紹介していきます。

<スポンサードリンク>



3回目の断り方のポイントは?

マッチングアプリで3回目のデートを断るときに大事なのは、「相手を悪く言わない」ことです。

あくまでも「自分に非がある」ことを伝えながら、2回デートをしてくれた男性の気持ちに寄り添ってくださいね。

あなたが男性に時間を使ってきたように、同じく男性もあなたに時間を使ってくれています。

感謝の気持ちとともに断ると良いですね。

3回目の断り方の例文は?

マッチングアプリで3回目のデート断り方99

では、マッチングアプリで3回目を断るときに、具体的にどのような内容で伝えればいいかを例文でまとめていきます。

例文①体調不良

・「朝起きたら熱っぽくて、体温を計ったら〇〇度あったので、今日は行けません。ごめんなさい。」

・「頭が痛くて起きているのもしんどいので、〇〇さんに移してしまったら申し訳ないので今日はキャンセルさせてください。」

ポイントは、どのように体調が悪いのかの詳細を送ることです。

しっかりと伝えれば、男性も本当に具合が悪いのだろうと思ってくれるはずです。

申し訳ない気持ちをしっかりと伝えながら断りを入れてくださいね。

例文②都合が悪くなった

「〇曜日に予定していたデートですが、急遽仕事が入ってしまって行けそうにありません。〇日や△日はご予定いかがですか?」

「親戚の法事があってその日は会うことができなさそうです。この週の〇曜日や〇曜日なら予定が空いているのですがどうですか?」

具体的に別の日程を提示すると、相手も「本当に都合が悪かったんだな」と思ってくれますよ。

③合わない

・「〇〇さんは魅力的な男性だと思うのですが、私とは価値観が違うと感じるところがありました。これ以上お会いしても気持ちは変わらないと思うので、今回は申し訳ないのですがお断りさせてください。」

・「2回デートをしてとても楽しかったのですが、〇〇さんを友人としてしか見ることができないと感じてしまいました。恋人を探すためにアプリを使っているので、申し訳ないのですがお断りさせてください。」

価値観が自分とは合わないことをきちんとお伝えしたうえできっぱり断ることが大切です。

④彼氏ができた

マッチングアプリ3回目の断り方7

・「こちらの都合で申し訳ないのですが、他に連絡を取っていた方とお付き合いをすることになりました。なのでこれ以上やりとりを続けることができなくなりました。他の方との良縁を祈っています。今までありがとうございました。」

・「先日彼氏ができたため、今後デートや連絡を取ることはできません。〇〇さんに素敵なご縁があることを祈っています。今までありがとうございました。」

感謝の気持ちを伝えつつ、曖昧にせず堂々と伝えるようにしたいですね。

例文⑤マッチングアプリを辞める

・「いろいろな方とのやり取りに疲れてしまったので、マッチングアプリを完全に辞めることにしました。今までありがとうございました。」

・「マッチングアプリを辞め自然の流れに身を任せることにしました。今後は連絡を取ることができません。〇〇さんに素敵な出会いがあることを祈っています。」

曖昧な表現を使わずに、はっきりマッチングアプリを辞めることを伝えてくださいね。

<スポンサードリンク>



マッチングアプリで3回目の断り方は?デートに行きたくないときにおすすめの例文は??のまとめ

マッチングアプリで3回目の断り方と、おすすめの例文をいくつかご紹介しました。

3回目のデートは、マッチングアプリでやり取りをするうえで、一つの節目だと考えている男性も多くいます。

「この人とは合わないな」と感じたら、ズルズル付き合うのは時間の無駄ですよね。

3回目に行きたくないときは、ご紹介した断り方の例文を参考にお断りしてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次